12月表紙 1993年有馬記念 ~トウカイテイオーの赤い帽子~

      brought to you by

<1993年有馬記念>

トウカイテイオー 赤い帽子も来ている!


堺アナがそう叫んだ時点で、当時13歳だった僕は、もはや涙がこみあげ始めていた。
まだ完全な競馬素人だった自分でも、第4コーナーで勝利を確信できるほどに、
トウカイテイオーというのは、凄味というか迫力を持った、特別な馬だった。

田原成貴が涙ながらに語る勝利ジョッキーインタビューで
僕の涙も絶頂に達し、それもひとつの競馬へと惹き込まれる一因になったのだが・・・。

その14年後に、田原成貴の迫真の演技であったことを知る。
でもその頃、僕はすでに競馬を一歩引いたところから、冷静な目で見ることができるようになっていた(?)のでショックはなかった。
「青春を返してくれ!」とは思わなかった。


むしろ「そこまでして有馬記念を盛り上げてくれてありがとう、田原」とさえ。


年の暮れに、
「今年の競馬の総決算!」
なんて訳のわからない理由をつけて、
競馬のお祭りでひと盛り上がりをやってくれるのは、
世界広しといえどもきっと日本だけだろう。
色んな矛盾は孕んでいるとは思うけれど、
それでも個人的に大好きな競馬行事、競馬文化である。

今年はどんなドラマを見せてくれるんだろうか?
メイショウサムソンの「有終の美」か、
マツリダゴッホの「グランプリ連覇」か、
はたまたウオッカ・ダイワスカーレットの「最強牝馬伝説」か・・・


最近のブログ記事

ジャパンカップ回顧&お知らせ
12.6-11.6-12.4-12.6-…
ジャパンカップ予想◎メイショウサムソン
昨日はノリで新潟競馬場の場外へ行ってきま…
新潟競馬場
なぜかノリで新潟競馬場へ(^O^)/ 所…